THE BEATLES 『The Christmas Records』

欲しいけど日本に輸入されるかどうかは分からない模様。 昔持っていた東芝オデオン盤、通称赤盤が懐かしい。因みに、上記製品は赤盤じゃないと思います。 【収録予定曲】 1963: "The Beatles' Christmas Record" (one-sided, 5:00 TRT) Recorded: 17 October 1963 - Studio Two, EMI Studio…

続きを読む

西野カナさん 『I Water Drop MiX 12inch』

久し振りに書庫の整理をしていたら西野カナさんメジャー・デビュー・シングル「I」のCLUBフロア向けリミックス・アナログ盤(LP)が出て来ました。 う~ん、ちゃんと購入していたのですね…。 おっと、まだ『Love Collection ~pink~』と『Love Collection ~mint~』の予約をしていませんでした。

続きを読む

Mr. BIG  『甘美のハード・ロッカー』

昔、こんなレコードを持っていました。ギター+ベース・ギター+ドラムス×2という楽器編成のバンドという話題に釣られてレコード店で購入。当時は気に入っていて何度も繰り返して聴いていました。 このアルバム時のメンバーはDicken(Jeff Pain)さん(Lead Vocal、Lead guitar、Harmonica、Keyboard)、Pete Crowtherさん(Bass Guitar…

続きを読む

THE BEATLES 『ロック・アンド・ロール・ミュージック』

あちゃ~っ、うっかりしていてTHE BEATLESの限定7インチ・アナログ・シングル『ロック・アンド・ロール・ミュージック』を予約し損ねました。 来日45周年記念で限定4,500枚…。 2007年に5,000セット限定販売された『レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ リミテッド・コレクターズ・エディション』みたいに何年か先Amazon等に数枚出品されるかもしれませんね。 後日、無…

続きを読む

YES 『こわれもの (Fragile) 』

画像はYESの4thアルバム『こわれもの (Fragile) 』です。 殆ど1曲目「Roundabout」しか覚えておらず、他の楽曲は再度視聴すれば思い出すかもしれません。なお、当時持っていたのはLPレコードですから下の1から4までがA面で、5から9までがB面でした。 収録曲 1.ラウンドアバウト Roundabout 2.キャンズ・アンド・ブラームス Cans And Bra…

続きを読む

THE BEATLES 『MAGICAL MYSTERY TOUR』に関する覚書

THE BEATLESの『MAGICAL MYSTERY TOUR』は当初2枚組EPレコード(ステレオとモノラルの2種類が存在/ステレオ録音でリリースされた唯一のオリジナルEP)という仕様だったそうです。しかも6曲しか収録されていなかったのだとか。知りませんでした。 A面  1.Magical Mystery Tour  2.Your Mother Should Know B面…

続きを読む

野獣(のけもの) 『地獄の叫び』

画像は野獣(のけもの)がSMSレコードからリリースした唯一のアルバム『地獄の叫び』のジャケット写真です。勿論、LPレコード。 野獣は、ROLLAこと中野重夫さん(g)、ACEこと仲谷之宏(詠守)さん(vo)、CHERRYこと千蔵正明さん(b)、BUNCHANこと佐藤文三さん(g)、POPEYEこと広田正さん(ds)からなる5人組のロック・バンドでした。 1979年といいますから今から…

続きを読む

THE BEATLES 『LET IT BE』

初めて購入したTHE BEATLESのレコードは『LET IT BE』(LP)と『Let It Be/You Know My Name』(EP)でした。 いや~っ、古い話です…。 実は、「You Know My Name」という曲が『Sgt Peppers Lonely Hearts Club Band』のレコーディング・セッションの合間に録音されていたなんて、その当時全く知りません…

続きを読む

名古屋のロック・グループOHM結成35周年、おめでとうございます。

昔、こんなレコードを持っていました。 今年の4月で結成してから35周年になるそうです。地元名古屋が生んだロック・グループOHMのシングル・レコード2枚です。オイラはてっきり1枚目が『雨の日曜日/君のためなら』で、2枚目が『まっぴらごめん/冬の薔薇』だとばかり思っていましたが、それ以前に『君は何故/お前をつかめない』というデビュー盤があったことを公式サイトで初めて知りました(今頃になって…)…

続きを読む

『戦慄の王女/クイーン』

1974年春、学校帰りに立ち寄った某レコード店でLPを物色していて見つけた1枚でした。 母国のイギリスでは1973年7月13日に、日本では翌年3月25日に発売されたものだったそうです。 当時全く知らずに購入したLPを出したグループが後になってこんなに有名になるとは夢にも思いませんでした。 因みに、このファースト・アルバムの裏ジャケット等にはベース奏者が「Deacon John」とクレジット…

続きを読む

LED ZEPPELIN 『LED ZEPPELIN Ⅲ』

LED ZEPPELINのアルバムの中で初めて聴いたのが画像の『LED ZEPPELIN Ⅲ』です。この1枚が凄く気に入って、1979年リリースの『IN THROUGH THE OUT DOOR』まで購入しました。 大学時代には何曲かバンド練習で演奏しました。 1970年にリリースされ、ビルボード・アルバム・チャート1位に輝いた名作です。

続きを読む

カルメン・マキ&OZ 『閉ざされた町』

画像は1976年にリリースされたカルメン・マキ&OZのセカンド・アルバム『閉ざされた町』の表ジャケットです。 このアルバムからコピーしたのは「INTRODUCTION」「崩壊の前日」「閉ざされた町」でした。特に「崩壊の前日」はお気に入りの楽曲でベース・ラインはかなり自分なりのアレンジを加えてしまい、某メンバーからはお叱りを受けてしまいました。

続きを読む

カルメン・マキ&OZ 『カルメンマキ&OZ』

画像は1975年にリリースされたカルメン・マキ&OZのファースト・アルバム『カルメンマキ&OZ』の表ジャケットです。 バンドでコピーした曲と言えば「六月の詩」「午前1時のスケッチ」「私は風」でした。

続きを読む

カルメン・マキ&OZ 『午前1時のスケッチ』

日本語の歌詞によるロックを始めて聴いたのが、1974年にリリースされたカルメン・マキ&OZの7inchシングル『午前1時のスケッチ』でした。 まさか、大学時代に組んだバンドでこの曲を演奏するなんて夢にも思いませんでした。 f(o^^;)ゞ

続きを読む

LOUDNESS 『誕生前夜~THE BIRTHDAY EVE~』

LOUDNESSを初めて聴いたのは大学時代でした。 当時はアイドル・バンドとして有名になったLAZYのメンバーだった樋口宗孝さんと高崎晃さんが二井原実さんと山下昌良さんを迎えて1981年5月に結成。8月からレコーディングをして11月に『誕生前夜~THE BIRTHDAY EVE~』をリリース。 このアルバムに針を下ろした瞬間、二井原実さんのハイ・トーン・ヴォイスには吃驚しました。

続きを読む

DEEP PURPLE 『STORMBRINGER』

Glenn Hughesさんが好きで、DEEP PURPLEのアルバムは画像の2枚しか購入しませんでした。 でも、何故かもう1枚の『BURN』は購入しませんでした。その理由を覚えていません。今も謎のままです。

続きを読む

『CREATION』

そして、その他にもう1枚、日本のロック・シーンに燦然と輝いたバンドCREATIONのファースト・アルバム『CREATION』(1975年リリース)から「You Better Find Out」もコピー曲として選びました。 オイラは、1975年のワールド・ロック・フェスティバルと1977年頃の竹田和夫さん(g/vo.)、飯島義昭さん(g.)、松本繁さん(b./vo.)、樋口晶之さん(ds.)…

続きを読む

『Bad Company』

初めて組んだバンドでコピーに挑戦したのが1974年にリリースされたBAD COMPANYのファースト・アルバム『Bad Company』に収録されている「Can't Get Enough」「Rock Steady」「Movin' On」でした。 自分で言うのも何ですが、初めてにしてはバンドの音がまとまっていたと思います。

続きを読む