奥山景布子氏・著『葵の残葉』&『圓朝』

紀伊国屋書店で奥山景布子氏の『葵の残葉』と『圓朝』を購入。彼女の作品はまだまだ色々と読みたいのですけど、とりあえずこの2冊から。さあ、はたして一度に何頁読めるのでしょうかね。

続きを読む

『柴田直人 自伝』

何か最近ミュージシャンの自伝ばかり予約購入しています。10日発売予定。BB-1Xも届いたことですからゆっくり時間をかけて読ませていただきます。

続きを読む

『99% 藤岡幹大(仮)』

楽天ブックスに在庫が有った為、注文。本日、無事自宅に届きました。この手の書籍購入は野村義男さんや高崎晃さん以来です。 おっ、やはりベース・ギター(G&L L-2000/N)をお持ちだったようです。

続きを読む

『BASS MAGAZINE』2018年3月号

今頃になって購入。Vivieのベース・ギター用オーヴァードライヴが製品化されないかなァ。 ネッ友のぴよさん(ウェブリブログ『ぴよの日常』の管理人さんで「音楽機材自作倶楽部」を立ち上げられたかた)がお元気だったら製作をお願いしたのですけど…。 近所のギター工房さんに相談してみます。

続きを読む

新しいPC用のキーボード・カヴァー

一昨日から新しいPCへデータの引っ越し作業中。今回一番困ったことはキー配列に合ったキーボード・カヴァーが家電品店の店頭でなかなか見つからなかったことです。PCの製品番号ではサンワサプライもELECOMも一覧表に掲載されていません。 あれこれネットで調べ、口コミを頼りに何とか探し出せました。結局、PKB-98NX13が該当品のようでした。 一件落着。

続きを読む

Fender Bassに関する洋書の検索

最近、Fender Bassを内容とした洋書(マガジンを除く新刊書)が見つかりません。探し方が悪いのでしょうけど…。また見つけたら情報をUPしますね。

続きを読む

Paul Balmer氏の新しい書籍

9月1日にPaul Balmer氏の新しい書籍『Fender Bass Mythos & Technik: Mit Precison, Jazz, Jaguar, Mustang und Squier Bass』が発刊されるようです。内容はドイツ語そのまま。なので、今回は暫く様子を見てから決断します。

続きを読む

『愛蔵版 高崎晃 Guitar Collection』

コンビニへ出かけ予約しておいた『愛蔵版 高崎晃 Guitar Collection』の支払いを済ませ持ち帰って来ました。でも、まだ中身を見ていません。 開封閲覧という週末の楽しみが増えました。

続きを読む

ヤスナリオ氏・著『メタルめし!』

ANTHEMのDVDでヤスナリオ氏のことを知りました。「飢えたメタラーたちに捧ぐ、究極のガッツリへヴィメタルレシピ」というサブ・タイトル通り、思わず掲載されている創作料理の一品一品に涎を垂らしてしまいました。暇が有ったら作ってみようかな。 因みに、『深夜特急めし109』と『極ラクめし』も同時に購入しました。

続きを読む

SCANDAL 『GiGS』2016年04月号

『GiGS』2016年04月号のSCANDAL特集でギター&ベースのデザイン・コンテストを開催とのこと。TOMOMIさんの愛機といえばストライプ入りジャズベや同プレベを想起しますよね。 www.fender.co.jp/blog/2016_3_3/ そういえば、2011年4月にもオリジナル・ベースのデザイン・アイデア公募がありました。集まったアイデアを基にESP新東京工場で製作されて…

続きを読む

『雷神~Rising 高崎晃 自伝』

12月10日発売ですか…。買うか買うまいか悩んでいます。 【内容】 ■天才ギター少年~アイドル・バンドLAZYでデビュー ■LOUDNESS結成~世界に通じるヘヴィメタルの創成 ■80年代快進撃~アメリカ進出の光と影 ■2000年のオリジナルでの復活、樋口宗孝の意思 ■ソロ活動、果てることのない創作欲 ■再び世界に向けて動き出した現在の心境 ■決定的瞬間! ライブ・フォト・ア…

続きを読む

吉原大敬氏・著 『ギター・ケーブルを自作する!』

2年も前に『ギター・ケーブルを自作する! ハンダ付けのコツがつかめる本 好きなプラグとケーブルの組み合わせで、キミだけのケーブルを手に入れよう』という書籍が出ていたのですね~。知りませんでした。 まぁ今は特に必要無いかな…。

続きを読む

今井康雅氏・著『The Ausority of FENDER BASS』

Igaさんに教えていただいた今井康雅氏・著『フェンダー・ベース・オーソリティ 歴代ヴィンテージ・ベースのスペックを詳細解説! 』(シンコー・ミュージック・ムック)を夜中にウェブ・ショップで注文。25日ぐらいに近所のコンビニで本を受け取れそうです。 改めてIgaさんにお礼の言葉を書きます。「ありがとうございます。」

続きを読む

森見登美彦氏・著『有頂天家族 二代目の帰朝』

あちゃ~っ、2月に続編が刊行されていたのですね。今回老いぼれ天狗・赤玉先生の跡継ぎ“二代目”が新しく登場人物として加わったという情報に興味津々です。 単行本: 469ページ 出版社: 幻冬舎 (2015/2/26) 言語: 日本語 ISBN-10: 4344027272 ISBN-13: 978-4344027275 発売日: 2015/2/26 商品パッケージの寸法: 19…

続きを読む

森見登美彦氏・著『有頂天家族』

オイラがテレビ・アニメを観終えてから原作を読むことって珍しいのですけど…。今回は逆パターンで楽しんでみました。 『有頂天家族』は三部作の予定らしく、続きを読みたいものです。 ※『有頂天家族2(仮)』は2013年秋に刊行が予定されていたようですが、未刊。

続きを読む

合同酒精株式会社 『電気ブラン』

電気ブランは故太宰治氏の著書『人間失格』にもその名前が書かれている度数の高いアルコール飲料です。現在は市販化されていたのですね~。知りませんでした。 ブランデーにジンやワインやキュラソーそして薬草等が配合されているカクテルと聞きましたが、材料の詳細と配合の割合は非公開だそうです。 そういえば、アニメ『有頂天家族』(原作は森見登美彦氏)を観ていたら「ニセ電気ブラン」なるものが描かれてい…

続きを読む